メッセンジャーアプリ「LINE」のver 5.3.0以降で利用できる「Keep」という機能を知っていますか? LINEで受信したテキストや画像・動画などを、まとめて保存しておけるストレージ機能なんです。

大切な人から届いたメッセージや、待ち合わせ場所の住所、あとで読もうと思った記事のURLなど、いろんなデータをストックしておきましょう。

保存できる容量は最大1GBで、保存期間は無制限。ただし、1つのファイルが50MBを超える場合は30日間に制限されます。

では、さっそく使い方を見ていきましょう。

あとで見返したいトークを選ぶだけ


Keepの使い方は至って簡単。保存したいトークを表示し、メッセージを長押しします。

次に「Keep」をタップし、テキストや画像にチェックマークが現れるので、保存したいものにチェックをつけたら、「保存」をタップしましょう。

保存した内容はプロフィールから確認

保存した内容を表示するには、「友だち」タブで自分のプロフィールを表示しましょう。



続いて「Keep」をタップすると、Keepの中身が表示されます。



Keep内のデータは削除できます。



削除したいデキストや画像を左にスワイプし、「削除」をタップしましょう。

Keepの内容は友だちにシェアできる

Keepしたデータは友だちに知られないので、気兼ねなく安心して使ってください。もちろん、友だちとのトークでKeepした情報を共有することもできます。


友だちとのトーク画面で「+」をタップし、「Keep」を選択します。



送信したいテキストや画像にチェックを付けて「決定」をタップすれば、選択したテキストや画像が友だちに送信されます。

Keepはいろんなデータの保存が可能

Keepで保存できるデータは多岐に渡ります。


  • テキスト/URL

  • 画像

  • 動画

  • 音声メッセージ

  • WordやExcelなどのファイル


さらに、端末内の写真や動画だけでなく、テキストを作成して保存することもできます。元のトークを消しても、Keep内のデータは残ります。

メッセージに「お気に入り」マークをつけるような感覚で使えるので、あとでチェックしそうな情報はどんどんKeepに保存しましょう。

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事