この季節になると、「香箱蟹」が食べたくなります。

逃したらまた来年までお預け・・・超美味「香箱ガニ」ってなに?

「香箱蟹」とはズワイガニの雌で、地域によってさまざまな呼び名があるようですが、主に石川県で「コウバコガニ」と呼ばれています。

漁期も地域によって異なり、例えばこの地域のズワイガニの漁期は11月6日から翌年3月20日までで、中でも雌の香箱蟹は1月6日前後(※)までと、獲ってよい期間がかなりの短さ。これは、産卵する雌を保護し、カニの数を減らさないようにするためです。
(※漁期や漁獲規制は、各地域で異なります)

つまり、食べられる期間がとても短い、貴重な冬の味覚というわけです。

香箱蟹のおでんは「カニ面」でいただく!

数年前のこの期間中、たまたま金沢へ行った時に、この香箱蟹のことを知りました。

金沢市の中心街にあるおでん屋で一杯やっていると、蟹が丸ごと煮込まれているじゃないですか!蟹大好きなぼくとしては、もう視線がくぎ付けになったわけです。

逃したらまた来年までお預け・・・超美味「香箱ガニ」ってなに?

その視線を見逃さなかった店主、

「今日解禁になった香箱蟹だよ。せいぜいあとひと月くらいしかお目にかかれないよ。いやあ、お客さんラッキーだねぇ。ほら!」

と、まるでお宝がびっしり詰まったような、真っ赤な卵を足の身で包んだ「カニ面(かにめん)」を、これ見よがしに隣のお客さんに差し出すじゃないですか!

この宝箱のようなカニ面を求めて、わざわざこの時期を狙って金沢へやってくる人も多いらしい。そして「時期」を逃すと、また来年までお預け・・・

気づくと、ぼくの皿には二杯の香箱蟹が載っていたのですから、その美味さたるや推して知るべし、です。

ちなみに、ぼくが香箱蟹のおでんを食べたのは、金沢市の香林坊エリアにある「高砂」さんです。(出典:『食べログ』)

おまけ 「香箱」で検索すると、ネコが出てくる理由

ところで、「香箱」で検索すると、「香箱座り」なる言葉が出てきます。

ちょっと気になったので調べてみたところ・・・

香箱座りってなに?

出典:PetSmile

ネコがよくやる、体の下に前足を折りたたんでいるこの座り方を「香箱座り」と言うそうです。
 
子どものころからネコを飼ってますが、初めて知りました・・・

ピックアップ

大内 征(おおうち せい)

宮城県仙台市出身。元エンジョイ!マガジン編集部員。現在は「故郷・地方・地域社会・自然」をテーマにコンテンツ・プロデュースを行うとともに、コラムや原稿なども執筆している。 ⇒ローカライズ プロダクション(loca-rise production)

記事(18本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック