ウェブサイトの閲覧時に便利なのが、ページ内の文字列の検索機能です。

こちらの記事で紹介しているように、パソコンでは「Ctrl」キーと「F」キーの同時押しで、ウェブサイト内の文字列を検索できるようになりますが、iPhoneに標準搭載されているブラウザーアプリ「Safari」でも、同様の機能を利用可能。ある操作をするだけで、目的の部分を一発で開けるようになるんです。

その方法とは、URLが表示されているアドレスバーから、目的の単語を検索するだけ。
まずは、画面上部のアドレスバーをタップしてURLを消去し、探したいキーワードを入力しましょう。

iPhoneのブラウザ「Safari」でもページ内検索ができるって知ってた?

次に、「このページ」欄に表示されている「"●●●"を検索」をタップ。ここでは「スマホ」と書かれた部分を検索するため、「"スマホ"を検索」をタップしました。

iPhoneのブラウザ「Safari」でもページ内検索ができるって知ってた?

すると、どうでしょう!

表示中のウェブサイトから、検索したキーワードが書かれた場所をあっという間に見つけることができるんです。キーワードに該当する部分が複数ある場合は、画面左下の矢印をタップすることで、検索結果を移動可能。右下「完了」をタップすれば、検索結果の続きを読むことができます。

情報量の多いサイトを見るときなどに、活用してみてくださいね。

ピックアップ

佐伯尚子(さえきなおこ)

雑誌を中心に、編集・執筆を担当。スマホのこと、アプリのこと、グルメをはじめとする地域情報など、暮らしにまつわるあれこれを読者目線で発信している。趣味は映画鑑賞とカレーの食べ歩き。

記事(15本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事