iPhoneやMacに「handoff」という機能があるのをご存知でしょうか?

このhandoffとは、iPhoneで見ていたページをiPadやMacで瞬時に開けたり、iPhoneで書いていたメールをiPadやMacで引き続き途中から書き続けたりできる便利な機能です。

事前設定していれば、いろんなシーンで使えますので今回はその設定方法と実際の使い方をご紹介。人前でサっとつかいこなすと、「え?いまのどうやったの?」と言われるかも?

事前設定


1.Handoffで連携したい端末で、すべて同じApple IDにてiCloudにログインする

2.端末すべてBluetoothをオンにする

3.端末すべて同じWi-Fiネットワークに接続する

4.Handoffをそれぞれの端末で有効にする

<Macの場合>
[システム環境設定]-[一般]と進み、「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」にチェックを入れる。

<iPhone・iPadの場合>
[設定]-[一般]-[Handoffと候補のApp]と進み、[Handoff]をオンにする

使い方

それでは使い方をみてみましょう。
iPhoneで開いているページを、iPadで開く方法です。

まずは、iPhoneで「エンジョイ!マガジン」のTOPページを開いておきます。

そして、iPadのロック画面を表示します。なにやら左下に「Safari」のアイコンがみえますね。

そのアイコンを上方向にスワイプします。

すると、この通り、さきほどiPhoneで開いていたページが、いとも簡単にiPadで開くようになりました。これは魔法のようですね。

Handoffで連携できるのはWEBページだけじゃない

Handoff連携には、このほかにもたくさんのアプリが対応しています。
使えそうなものをピックアップすると、

 ●  メール
 ●  メモ
 ●  メッセージ
 ●  リマインダー
 ●  マップ
 ●  カレンダー
 ●  連絡先

などです。

特に「メール」や「メッセージ」は、長い文章を書かなくてはならないとき、iPadやMacへHandoffで作業を引き継いで実施すると、文字入力の手間が軽減できるのでおすすめですよ。

ということで、iOS端末やMacを同時に使っているという方にはとても便利なので、このHandoff、ぜひマスターしてみてください。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(139本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック