写真SNS「Instagram」では、写真の位置情報を利用して、マップ上に写真を表示する機能があります。旅先などで撮影した写真を振り返る際に、どこで撮った写真なのかがひと目でわかるので便利ですよね。

しかし、日常生活の写真をアップしていると、このマップを見るだけで生活範囲が分かってしまいます! とくに、自宅や職場の場所の投稿には注意が必要です。

写真の位置情報を削除しよう

まずはInstagramでプロフィールページのピンマークのアイコンをタップしてみましょう。地図を拡大していくと、マップ上に写真が表示されているのがわかります。
これは、その場所で取られた写真であることを示しており、公開アカウントの場合はほかの人もマップを見ることができます。位置情報を削除するには、画面右上の「編集」をタップしましょう。

続いて、位置情報を削除したい写真のサムネイルをタップし、「編集」をタップ。その場所で投稿された写真の一覧が表示されます。

位置情報を削除するには、「すべて選択解除」をタップ。

し、「位置情報タグ●件を削除しますか?」という画面の「承認」をタップしましょう。

これで、Instagramの投稿はそのままに、位置情報を削除できました。

あらかじめ位置情報をオフにする

写真の位置情報は、投稿時に「位置情報を追加」しなくても表示されてしまいます。

それを防ぐには、iPhoneの設定で位置情報をオフにしなければならないのです。

「設定」アプリで「プライバシー」を開き、「位置情報サービス」をタップします。

続いて、「カメラ」を選択し、位置情報の利用の設定画面で「許可しない」をタップしましょう。

これで、カメラロールから呼び出した写真をInstagramで投稿しても、マップ上に位置情報が表示されることはありません。

Androidの場合は、カメラアプリの「設定」を開き、位置情報に関する項目をオフにしましょう。

iPhone版のInstagramで写真を撮影して投稿する人は、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「Instagram」→「許可しない」の順に進み、位置情報をオフにしましょう。
Android版のInstagramアプリの場合は、「設定」アプリで「位置情報」の項目をオフにすればOKです。

Instagramは世界中のユーザーと写真で交流できる楽しいアプリです。プライバシーに気を付けながら、正しく楽しんでくださいね。

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック