海外でいつものようにスマホを使ってしまうと、びっくりするくらい高額な請求がくるということを、皆さんご存知ですか?

「●十万円の請求が届きました」なんて話も少なくはありません。
そこで、高額請求を防ぐ設定と、海外でも安心・快適にスマホを使うための方法をご紹介します。

海外旅行前に要チェック!スマホ利用で高額請求をされないためにすべきこと

海外対応スマホなどでは日本で使っている設定のままでも、海外でそのまま使えてしまう機種がありますが、海外滞在中の通信費は、日本国内で契約した通常のパケット定額サービスでは対象外!

海外でスマホ経由でネットを使う意図がなくても、自動メールチェック機能がオンになっていたり、アプリの自動更新がオンになっていたりすると、3G回線経由で海外の通信業に繋がる恐れがあるので、飛行機に乗る時にも設定をしておきましょう。

高額請求を防ぐ設定:飛行機に乗る前にスマホの設定を変更しよう!

飛行機に乗る前に、3G回線での通信を遮断します。

iPhone(iOS端末)の場合は、「設定」→「機内モード」をオンに。

以上で設定完了。それぞれ設定後に画面上に飛行機マークが出て3Gマークが消えていることを確認してください。これで海外で電源を入れていても、通信費を請求される危険がなくなりました。帰国後はまた「設定」から通常モードに変更すればOKです。

※お使いの機種やOSのバージョンによって設定方法は変わります。詳細はマニュアルや各種サポートページでご確認ください。

※飛行機によっては、機内でWi-Fiサービスを提供していることがあります。利用したい場合は機内で使用時のみ「設定」から「Wi-Fi」をオンにして使用ください。

スマホをいつものように使いたい:携帯会社各社の海外対応サービスに申し込む

次は、携帯会社各社の海外対応サービスを利用して、請求金額を一定金額に押さえながらスマホを使う方法をご紹介します。

携帯会社各社から海外でのデータ通信料金を1日当たり1,980~2,980円に抑えられる「海外パケットし放題」「海外ダブル定額」「海外パケ・ホーダイ」というようなサービスが提供されています。

ソフトバンク:海外パケットし放題

定額料は1,980円/日。iPhone でウェブ通信を25Mバイト(海外パケットし放題の割引対象通信料 51,200円/日)以上利用した場合は2,980円/日の定額料となります。

KDDI:海外ダブル定額

「LTE NET」「LTE NET for DATA」に加入している方なら使えるプランで、約24.4MB(20万パケット)まで最大1,980円/日で、どれだけ使っても最大2,980円/日となります。音声通話、SMS (Cメール) /国際SMSの利用は対象外。

ドコモ:海外パケ・ホーダイ

約24.4MB(20万パケット)まで最大1,980円/日。20万パケット以上利用した場合、最大2,980円/日となります。音声通話、テレビ電話、SMS、公衆無線LANなどは対象外。

各社によって設定方法は様々なので、携帯会社各社のWEBサイトを参考の上、手順を確認してください。

※適用できる国や地域などは各サービスごとに異なります。詳しくは携帯電話各社のWEBサイトにてご確認ください。

※ご利用にあたっては必ず各サービスの注意事項をご一読ください。

スマホもパソコンも使いたい:海外用Wi-Fiルーターのレンタルサービスに申し込む

次は、スマホだけでなくパソコンやタブレットPCも海外で使いたい、という方向けの方法をご紹介します。

海外でも快適にネットを楽しみたいなら、海外用Wi-Fiルーターを1台レンタルしておくのがおすすめです。

パソコンはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマホ、iPadやKindleなどのタブレットなど、Wi-Fiルーターがあれば同時に複数台の無線LAN対応機器を接続できます。レンタルできる海外用Wi-Fiルーターは使いすぎて心配・・・なんてこともありません。

料金も携帯電話各社で申し込むよりおトクです。

国・地域によって料金は様々で、安い国だと700円(不課税)/日というところも。
基本的には、事前にWebで申し込みして、日本国内の主要空港で渡航前に機器を受け取ります。そして、帰国後に空港カウンターで機器を返却してクレジットカードで決済する、という流れとなります。

海外でトラブルが発生した場合でも、専門のスタッフが24時間365日体制でサポートしてくれるのもうれしいですね!

海外用Wi-Fiルーターのレンタルサービスはこちらで申込めます。
海外用定額制 Wi-Fi レンタルサービス(BIGLOBE)

いかがでしたか? 
高額請求されないように、自分のスタイルに合ったサービスを選んで、海外でも安心・快適にスマホを使いましょう!

ピックアップ

池田園子(いけだ そのこ)

86年生まれのフリーライター。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。10以上の媒体に執筆中。恋愛やWeb、スマホ、会社、ガジェットネタ、広告案件などを手がける。著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。Sonoko Blog

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック