毎日のお仕事で「なんとなーく疲れが溜まってるなあ・・・」という方。特に普段パソコンやスマホを使っていると、目が疲れたり、肩が重かったりしますよね。
そこで、オフィスや自宅で自分でできる! 5分でリフレッシュできる「ハンドリフレクソロジー」のワザをプロの方に教えていただきました!

今回、ハンドリフレを教えてくださったのは、環境も含めて人間の美と健康を研究する、エコセラピストの徳増理乃(とくます・あやの)さん。リフレクソロジーの概念や、今すぐできる簡単ハンドリフレの方法をお聞きしました。

リフレクソロジーって何?

街にあるサロンや雑誌などでも「リフレクソロジー」という言葉を耳にしますよね。
リフレクソロジーとは「反射学」という意味をもつ健康法。「人体の臓器や骨、神経などの各部分は足や手などに反射関連している」という考えにもとづいて、手や足を指などで刺激することで、その部位が反射されている箇所をリフレッシュさせ、心のリラックスも期待できます。

こちらが、手の各部分が身体のどの部分を反射しているかを示す「手の反射区」の図。



たとえば、指の付け根部分の一帯は「肩」の反射区。この部分を押したり刺激を加えることで、手から脳神経を通って、肩にリフレッシュをもたらすということになります。

それでは、さっそくハンドリフレを試してみましょう!


ハンドリフレ基礎講座その1「手のひら」

ハンドリフレの際は、ハンドクリームや乳液、オイルなどを手全体にのばしておくと、摩擦が起きずスムーズに刺激を与えられます。摩擦が気にならない方はそのままでOK。

まずは、心臓の反射区がある左手から始めましょう。

まずは手のひらの①~③のラインを、親指の腹を使って、押しながらゆっくり滑らせます。①は生命線をなぞる感覚で。各ライン1回ワンセットとして、3セットくらいでOK。次に④⑤も同じ手順で3セット。

こんな感じで押し流すように刺激をします。力加減は、自分が気持ちよいと感じる強さがよいでしょう。

次に、⑥の部分を呼吸に合わせて押してみましょう。

4秒数えながら息を吸い、8秒で吐きながら、息を吐く時にギューっと押します。これを2セット行います。


続いて、肩の反射区である指の付け根あたりを3ライン、抑えながら流します。


肩がお疲れ気味の方は念入りに・・・。全体を通して、ゴリゴリすると感じる部分は老廃物が溜まっているので、重点的に流すイメージで刺激してみるとよいです!


ハンドリフレ基礎講座その2「指」

次に、指をリフレッシュ。


親指から小指まで、指の付け根を基点に、順番に流していきます。画像の①~③のように3本のラインに分けて、指の外側から刺激しましょう。

その他の指は、付け根から第2関節まで、および第1関節から指先までの2エリアを、それぞれ3ラインずつ刺激します。こちらは1箇所につき、10セット程度。特に人指し指と中指の下部は「目」の反射区とされているので、目が気になる方は重点的に。親指の腹でやりづらい場合は、親指を曲げて関節の部分で押すのがオススメです!


ハンドリフレ基礎講座その2「手の甲」

最後は手の甲です。指と指の付け根「水かき」の部分から3ライン、手首に向かって押し流します。手のむくみが気になる人にオススメです。指の骨の間のラインを流すイメージで、2~3セット。

続いて、親指の外側から手首にかけてと、小指の外側から手首にかけての2箇所を流して仕上げます。右手で「チョキ」をつくり、そのまま指を曲げた状態で、チョキで挟むようなかたちで上から下に流していきます。


左手が終わったら右手も同じようにくり返します! 両方の手に行っても5分程度なので、オフィスでの空き時間や就寝前に手軽にササッとできちゃいます。女性は、入浴後のスキンケアのついでに乳液などをつけてやるのも楽ちんですよ!


ハンドリフレ後は水分をしっかりと

ハンドリフレをしたあとは、めぐりがよくなり老廃物が排出されやすい状態になっているため、お水や麦茶など、カフェインの入っていない水分を意識して摂り、排出を促し水分補給をしましょう。また、アルコールや食べ物も吸収しやすくなるので、施した後は食事や飲酒まで1時間は空けるようにしましょうね。

今回、ハンドリフレを教えてくださった徳増さんは、手軽に"おうちリラクゼーション"ができるような環境を広めるべく、セミナーや講習会などを開き日々活動中。「AEA認定エステティシャン」「AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー」などの資格も所持しており、リフレクソロジーを含め、さまざまな角度から人の健康と美を提案しています。
「お疲れ気味だからといって、頻繁にサロンに通うのは経済的にもなかなか難しいですよね。自分で覚えて実践すれば、日頃からリフレッシュできますよ。皆さんが簡単にご家族へ"おうちリラクゼーション"ができるようになっていただけたら嬉しいです」

自分のリラクゼーションにつながるのはもちろん、家族や大切な人の体調の変化に気付きやすくなったり、円満なコミュニケーションは仕事へのやる気がでるきっかけになるかも。ぜひぜひ今日から試してみてくださいね!

▼エコセラピスト・徳増理乃さんのブログはコチラ
▼Facebookはコチラ

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(194本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事