「これだからゆとり世代は......」「ウチの親は団塊の世代だから」なんて会話を耳にする機会がありますよね。何となく使っているけど、たとえばゆとり世代って何年から何年生まれのことを指すのでしょうか? そんな日本の「○○世代」についてまとめてみました♪

昭和生まれの◯◯世代

戦後間もないベビーブームに生まれた「団塊の世代」

「団塊(だんかい)の世代」とは、第二次世界大戦直後の1947年~1949年の3年間、第一次ベビーブームの時期に生まれた世代を指します。
堺屋太一氏の小説『団塊の世代』に由来して名付けられました。戦後の復興期を迎え、一組の夫婦が全国平均で4人の子どもを産んだといわれています。

ちなみに、1971年~1974年までの第二次ベビーブームに生まれた、団塊世代の子ども世代は「団塊ジュニア」と呼ばれています。
さらに、第2次ベビーブーム以降に生まれた世代を「ポスト団塊ジュニア世代」(1975年~1979年生まれ)と呼びます。

政治的無関心といえば「しらけ世代」

「しらけ世代」は、学生運動が下火を迎えた時期に成人を迎えた、政治的無関心が広まった世代を指します。おもに1950年~1954年生まれを前期、1955年~1959年生まれを中期、1960年~1964年生まれを後期とされています。
世相に関心が薄く「真面目で一生懸命は格好悪い」という風潮があり、物事に熱くならずいわゆる「白けている」個人主義の世代とされています。もちろん、個人差がありますので誤解なきよう。

未だにネタになることも。「バブル世代」

1986年11月~1991年2月のいわゆる「バブル景気」の時期に(主に新卒で)就職した世代が「バブル世代」。だいたい1965年~1974年に生まれた人が該当します。
バブル景気の影響で企業がこぞって高卒大卒を問わず人員募集数を拡大し、就職活動は「超売り手市場」に。大卒の5割以上が一部上場企業に入社したという説もあります。
最近ではバブル芸人・平野ノラさんのネタでもおなじみで、「アッシー君」「メッシー君」なんて言葉も流行った世代です。

受難の世代?「氷河期世代・ミニマムライフ世代」

「氷河期世代・ミニマムライフ世代」は、昭和末期である1980年~1988年に生まれた世代を指します。小学校在学中にバブルが崩壊、中学校在学中には阪神淡路大震災、そして大学卒業時は超就職氷河期......と、受難の世代ともいわれています。

そうした時代に育ったからか、「消費を抑え、将来に備えて貯蓄しよう」というミニマムな生活を好む世代なのだとか。また就職氷河期によって非正規社員が増加し、ミニマムライフにならざるを得ないシビアな世代ともいえますね。このあたりから今の若者の慎重傾向が始まっているのかもしれません。

平成生まれの◯◯世代

ゆとり教育で育った「ゆとり世代」

「ゆとり世代」は明確な定義や範囲がなく諸説あるものの、主に「ゆとり教育」と呼ばれる2002年~2010年に施行された学習指導要領に沿った教育を受けた世代を指します。ゆとり教育を1年でも受けたのは1987年4月2日~2004年4月1日生まれとされています。
授業時間数の減少が学力低下を招いたとされ「これだからゆとりは......」なんていわれがちですが、バブル景気後の不況に育ったため堅実で安定志向が強く、またIT成長期とともに生きてきたことからIT関係に長けているという声もあります。

インターネットを駆使する「ミレニアル世代」

「え?ミレニアム?」と思った人もいるかもしれません。「ミレニアル(Millennial)」は、英語で「千年紀の」という意味。「ミレニアル世代(Millennial Generation)」とは米国で生まれた言葉であり、おもに1980年以降に生まれ、2000年頃に成人したり、社会に出てきた世代を指します。「ミレニアム(millennium)」も「千年紀」という意味ですが、名詞のため、世代を指すときは「ミレニアル(Millennial)」という表現になったのではないかといわれています。

インターネット環境が整った社会で育ったため「デジタル・ネイティブ」とも呼ばれ、ソーシャルメディアを通してコミュニーケーションを広げていくことに親しんでいる世代といわれています。

日本や世界の歴史・情勢をわかりやすく映し出している「○○世代」。他にも色々調べてみてくださいね。

世代生まれ年

世代 生まれ年
団塊(だんかい)の世代 1947年~1949年
しらけ世代 1950年~1964年
バブル世代 1965年~1974年
団塊ジュニア世代 1971年~1974年
ポスト団塊ジュニア世代 1975年~1979年
氷河期世代・ミニマムライフ世代 1980年~1982年
ゆとり世代 1987年~2004年
ミレニアル世代 1980年以降

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(194本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事