ブルーライトって何がいけないの?

パソコンやスマートフォンなどを毎日使う現代人は、目の疲れと日々戦っています。少しでも目に良くないものは排除したいですよね。

ブルーライトの何がいけないの?

そもそも、ブルーライトって何なのでしょうか。

光には、目に見える光=可視光線と、見えない光=非可視光線があります。ブルーライトとは、可視光線のなかでも、紫外線に近い最もエネルギーの強い青い光のこと
エネルギーが強く、空気中に散乱しやすい特性のため、まぶしさを強く感じたり、視界がちらつくなどの原因になるだけでなく、慢性的な目の疲れを引き起こします
また、ブルーライトを浴び続けることで身体のリズムにも影響して、睡眠の質に影響するとも言われています。
そして、テレビ、パソコン、そしてスマートフォンの液晶画面に使用されているLEDは、ブラウン管に比べるとブルーライトを多く発生させているのです。

そんなブルーライトの悪影響も浸透して、メガネやディスプレイでも、「ブルーライトカット」といったフレーズをよく聞くようになりました。でもお金を出して買うのってすぐには決断できない・・・。もっと手軽に対処できる方法はないのかな?

ディスプレイの色を調整するという手もあるけれど、何をいじったらブルーライトを軽減できるのかよくわからないし、あまり暗くしてしまうと夜に不便・・・。

と思ったらありました!

色温度を下げることで、ブルーライトを軽減できる無料ソフト

ご紹介するのは無料ソフトの「f.lux」です。ディスプレイの色温度を下げることによってブルーライトが軽減されるのを利用し、目への負担を軽くしてくれるソフトです。早速試してみました!

まずはサイトからソフトをダウンロードし、インストールします。

ブルーライトって何がいけないの?

「Download F.lux」のアイコンをクリック。

インストールするとモニタの右下にこのような画面が現れます。(一度消してしまってもタスクバーのアイコンに入っているので、そこから表示されます)

インストールしただけでは変化がないので、設定を変更するためには「Setteings」をクリック。

ブルーライトって何がいけないの?

このソフトは、日中と日没後、それぞれの色温度を設定できるのが特徴。たとえば日中は明るめにしておいて、日没後は色温度を下げる、なんていうことも可能。下の画像にあるように、「Daytime」と「At night」それぞれの丸いボールを左右に動かすことで設定ができます。

ブルーライトって何がいけないの?

実際に色温度を下げてみると、なんとなく全体が茶色っぽく、青みが抜けた感じに。おお、これは目にやさしそう! はじめはちょっと慣れないかもしれませんが、目への負担を考えるとこれに慣れるぐらいがよさそうです。

ただ、ディスプレイの色味がまったく変わるので、お仕事で色を扱う方などは要注意!

お金をかけずに手軽にブルーライトをカットできる無料ソフト、ぜひ使ってみてくださいね。

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(72本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック