サイトにアクセスしたら、でたらめな文章が表示された経験はないでしょうか?

これは「文字化け」といい、日本語で書かれていたはずなのにまったく違う文字に変換されてしまっている状態。

文字化けすると、多くの場合は見たことのない漢字が羅列されますが、ブラウザの「エンコード」と呼ばれる表示設定を変更することで解消することができます。

メニューバーを表示する

エンコードを選択する

「Unicode」で文字化けが解消されない場合は、他の日本語のエンコードを試してみてください。

※記事ではInternet Explorer11を使用

※この記事は「サーイ・イサラ」から転載しています。

BIGLOBEのパソコン&ネット情報誌「サーイ・イサラ」(PR)

毎日をもっと楽しく、もっとお得に。
BIGLOBE会員のためのトレンド情報&ネット活用マガジン『サーイ・イサラ』

20年以上、支持をいただいているIT活用誌を、ぜひ一度ご覧ください!


インターネット&パソコン活用マガジン『サーイ・イサラ』

サーイ・イサラ定期購読

ピックアップ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

記事(84本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック