電車などの交通機関で、スマホ・タブレットを見ている人がだいぶ増えています。
「エンジョイ!マガジン」をスマホやタブレットで見てくれている方も多いと思います。
その使い方は、メールやLINEなどの連絡、ゲーム、SNSなど様々ですが、タブレットで「読書」している人も結構多いのでは?
そう、「電子書籍」です。

使っている人の割合は・・・?

まず始めに「電子書籍を使っていますか?」と聞いた答えがこちら。
「よく使っている」は5.5%と多くないものの、「たまに使っている」の16.3%と合わせると22.2%に。とはいえ、まだまだ「使ったことがない」という69%の方が大半ですね。

今回は「よく使っている」「たまに使っている」とお答えの方に詳しく聞いていきました。

どんなときに読んでいるの?

使っていない人の中には「でも電子書籍っていつ読むの?」と思う人もいるかも。
利用するタイミングを聞いてみたところ、

1位 家でくつろいでいる時 75.1%
2位 電車の中など、移動中 40.2%
3位 外出中の待ち時間 32.0%

と、「家でくつろいでいる時」という答えがダントツ。
でも、よく考えてみると本を読むタイミングと変わらないですよね。もっといえば、テレビを見ている時間や、スマホを眺めている時間ともいえます。気負わずに、「いつものタイミング」で使ってみるのもいいかもしれません。

どんな端末で読んでいるの?

気になるのはどんな端末で読んでいるかということ。
上位5位の結果は、

1位 パソコン 43.2%
2位 スマートフォン 42.0%
3位 タブレット 34.3%
4位 Kindle 20.7%
5位 Kobo 10.7%

となりました。
上記のりようシチュエーションから考えると意外にも、単独1位はパソコンで閲覧するという答え。
最も、以下、スマートフォン、タブレット、電子書籍リーダーはどこでも利用できるので、シチュエーションとしてはパソコンが稀ともいえますね。
最近はいろいろなアプリも出ているので、電子書籍リーダーを持たなくても、スマホやタブレットで問題ないという方も多いようです。

何を読んでいるの?

では、一体電子書籍で何を読んでいるのでしょう。こちらの答えは

1位 マンガ 56.8%
2位 小説 49.7%
3位 趣味・実用書 44.4%
4位 ビジネス書 26%
5位 雑誌 21.9%

こちらは、それほど飛び抜けたものがないという印象。
くつろぎながらマンガを読む人が多いのかな?と勝手に考えていましたが、意外とそうでもない。というか、「電子書籍だからこのジャンル」という感じはあまりなさそうな結果になりました。

紙の本とどう使い分けてる?

紙の本を読む習慣のある方は、「電子書籍との使い分け」も気になるところではないでしょうか。

「紙の本と電子書籍の使い分けはしていますか?」と聞いてみたところ、

使い分けている 22.5%
使い分けていない 74.6%

との答えでした。

あまり多くはありませんが「使い分けている」と答えた方にその使い分け方を聞いてみると、「じっくり読みたいものは紙の本さらっと読みたいものは電子書籍」「ゆっくり心静かに読みたいものは紙の本です」と、向き合い方によって使い分けている方や、「装丁のきれいな本は 紙で取っておきたい」「保存したい本は紙の本を買う」と、保存しておきたいかどうかで使い分けている方。さらに「家で読むものは紙の本、ひまつぶしや外出中は電子書籍」など、シチュエーション別という方もいらっしゃいました。また、電子書籍はセールで安くなることが多かったり、著作権切れのものは無料で読めることもあったり、価格面で安いものは電子書籍、という回答も。

結局、どっちがいいの?

最後に、電子書籍ユーザーの方に「電子書籍のメリットとデメリット」を聞いてみました。

まずメリットとしてあげられたのは
・かさばらない(スペースをとらない)
・気軽にいつでもどこでも購入できる
・紙の本より安いことが多い
・辞書機能があるので、わからない言葉を調べながら読める


など。
特に「かさばらない」はダントツの回答数でした。それに付随して「本棚がいっぱいにならない」「引越しが楽」などの回答もあり、これは電子書籍最大のメリットといえるかもしれません。

逆にデメリットでは
・電源がなくなると読めない
・読みながらチェックを入れたりできない
・目が疲れる
・HDDや本体が壊れたら読めない
・どれだけ読んだかを実感しづらい
・登場人物を確認するときなど、前に戻りづらい
・読んだあと、売れない


などの回答が。
「目が疲れる」については電子インクを採用しているリーダーなどでは紙の本とほぼ変らないですし、アプリや機種によっては読みながらチェックを入れやすいものも、これから増えていきそう。まだ過渡期でもある電子書籍なので、これから改善されることも多そうです。
ただ、電池残量を気にしなければいけないことや、機械ゆえに壊れてしまうと全て読めなくなってしまうことなど、電子書籍ならではの問題はどうしても残ります。

いかがでしたか?
2016年7月現在、電子書籍を使っている人のリアルなアンケート。
こうして見ると、紙の本と電子書籍それぞれの特徴・良さがあり、必ずしも「紙の本の現代版」でもなければ「紙の本の代わり」になるものでもない、ということがわかる内容になったと思います。
まだ使ったことがない方も、興味を持ってもらえたら嬉しいです。

これからもまたアンケートを続けていきますので「こんなテーマのアンケートが見たい!」というご希望があればぜひエンジョイ!マガジン編集部まで♪ お待ちしていまーす。

※モニター&コミュニティサイト「Amazonet(アマゾネット)」調べ
対象:全国の20~50代男女
実施時期:2016年7月
サンプル数:775名
協力:(株)マーケティングジャンクション「tunotter(ツノッター)」
http://tsunotter.com/

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事