コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

ライターという仕事柄、プロにおいしいコーヒーの淹れ方などを教わることもあるので、フツーの人に比べれば、ちょっとは淹れ方を心得ているつもり。

なので、よく「コーヒーがおいしく淹れられないんだけど・・・」と、友人に相談を受けたりする。で、淹れ方を教えてあげると、抑えておきたいポイントが、ちょっと間違っていたりする。

というわけで、ペーパードリップでのコーヒーの淹れ方を紹介させていただきます! コツを知るだけで、けっこうおいしく淹れられるのですよ!

ペーパードリップには、こんなものを用意

ペーパードリップで、コーヒーを3杯分淹れる方法を紹介。
必要なものは・・・

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

・ドリッパー
・サーバー
・細口ドリップポット
・ペーパーフィルター
・コーヒーメジャー

それに、お好みのコーヒー粉を用意する。挽き方は「中細挽き」。

お湯を注ぐ前の下準備も重要

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

まず、ヤカンでお湯を沸かす。沸騰したら、細口ドリップポットにお湯を注ぐ。こうすることで、沸騰したお湯の温度が、コーヒーを淹れるのに適した95℃前後にまで下がる。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

ドリッパーを載せたサーバーに、ヤカンに残ったお湯を注ぐ。そしてサーバーに注がれたお湯をカップに注ぐ。こうすることで、使う器具やカップが温まるので、コーヒーが冷めずにおいしく淹れられる。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

次に、ペーパーフィルターの側面と底面にあるシール部分を折る。このとき、前後互い違いに折ると、ドリッパーにフィットしやすい。そして、ペーパーフィルターをドリッパーにセット。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

コーヒー粉をコーヒーメジャーで人数分入れる。今回は3人分なので、入れるのは3杯。そして、コーヒー粉を平らにならしてサーバーにセットする。

淹れ終わったカスでウマさがわかる?

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

コーヒー粉に少量のお湯を注ぐ。粉全体に均一にお湯が含まれるように、中心からゆっくりとまわし入れる。サーバーにお湯がポタポタと落ちてきたら注ぐのをやめ、15~20秒ほど蒸らす。

蒸らすことで粉がふやけて、コーヒーのおいしい成分が出やすくなるのだ。これは絶対に必要な工程なので忘れずに。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

蒸らし終わったら、細口ドリップポットでお湯を注ぐ。中心から円を描くようにゆっくりと注ぐのがポイントだ。注ぐ範囲は、500円玉よりもひとまわり大きいくらい。

お湯がペーパーフィルターに直接かかると、お湯だけがサーバーに落ちてコーヒーを薄めてしまうので注意して注ごう。

お湯を注いでいるとき、コーヒー粉がドーム状に膨らむので、このドームを崩さないようにお湯を注ぐのもポイントだ。

大きく膨らんできたら注ぐのをやめ、1/3程度しぼんできたら、再びゆっくりと注ぐ。これを繰り返して、サーバーの目盛りにある3杯分までコーヒーを淹れる。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

淹れ終わったペーパーフィルターを見てみよう。コーヒーのカスが側面と底面に同じ厚さで残っていれば、上手に淹れられた証拠。

また、表面に残っている細かい泡はコーヒーのアク。雑味のもとなので、残っていればクリアな味になっているはず!

最後に、抽出したコーヒーの上のほうと底のほうでは濃さが違うので、味が均一になるように軽くかき混ぜる。これでおいしいコーヒーの完成だ!

もっと簡単に淹れたい人にはコレ!

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

おいしく淹れられるかもしれないけれど、面倒くさい! そんな人には、カリタの「ニューカントリー102」がおすすめ。

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

適温にしたお湯を一気に注ぎ、あとは何もしないでコーヒーが抽出されるのを待つだけ。蒸らしもドリップもすべておまかせなので、お湯さえ沸かせれば、おいしいコーヒーが味わえるぞ!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(225本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事