「M+」「M-」「MRC」が確認できる電卓近影

ビジネスでもプライベートでも、様々な場面で必要になる電卓。普通に足し算や掛け算はしても、「MRC」 「M-」 「M+」など、使わないキーってありますよね。

そもそもこれらのキーはどんな時に使うのでしょうか? 今回は、これらのキーの便利な使い方を解説します!

「M」は「メモリー(MEMORY)」のM

「M+」「M-」「MRC」キーの「M」はそれぞれ「メモリー(MEMORY)」のMを指しています。これらは、数字を一時的に控えておきたいときに使います。

それぞれのキーの機能を簡単に説明すると、

  • 「M+」(メモリープラス):電卓に表示されている数字を、メモリーに足す。
  • 「M-」(メモリーマイナス):電卓に表示されている数字を、メモリーから引く。
  • 「MRC」(メモリーリコール/メモリークリア):1度押すとメモリー内容を呼び出し、もう1度押すとクリア(0に)する。

※メモリーリコールとメモリークリアは、「RM」「CM」という表示で別々になっているタイプもあります。以下、[MRC]と説明している箇所は、別々になっているタイプでは[RM]を使ってください。

例えるなら、「M」という箱に、計算結果や数値を[M+]で入れて、[M-]で出すというイメージです。[MRC]を一度押すと箱の中身を表示し、もう一度押すと箱の中身をカラにする、ということになります。

使い方例1:合計の数を出したいときに便利

例えば、100円の鉛筆を2本、50円の消しゴムを5つ買ったとします。さて、全部でいくらになるでしょうか?

100円の鉛筆を2本→ [100][×][2][M+]→200
50円の消しゴムを5個→ [50][×][5][M+]→250
合計 →[MRC]を1回 →450

この時、[=]を押すかわりに、[M+]や[M-]を押して小計を出すのがポイント。前の計算の答えをメモしたり覚えておく必要がないので便利です。

使い方例2:四則計算の順序が違うときに便利

四則(足し算・引き算・掛け算・割り算)がまざりあった計算の場合、掛け算と割り算を先に計算するのがルールです。小学生の時に習いましたね!
よって、

10×10+5÷5=101

となるのですが、これを一般の電卓でそのまま計算すると、10×10+5を先に計算して、その答えを5で割ってしまいます。
そのため計算式が結果的に

(10×10+5)÷5=21

となってしまいます。
そんな時に、これらのキーを使いましょう。

[10][×][10][M+]→100
[5][÷][5][+][MRC※][=]→101
※ここで上の100が呼び出されます。

となり、正しい答えが得られます。

他にもある!電卓のキーあれこれ

他にも電卓には色々な機能があります!
[CA]キーと[C]キー、どちらも押すと「0」が表示されますが、こんな違いがあるんです。

  • [CA](ClearAll):メモリーも含め、全ての数字をクリアにして「0」にする
  • [C](Clear):メモリー以外を全てクリアにして「0」にする

また、[税抜][税込]キーを押すと、表示されている数値に対して、消費税などの設定された税率を加えたり引いたりすることが可能です。税率の確認・設定方法はメーカーや電卓によって違うので、設定方法は説明書をご確認ください。

電卓って、シンプルなようで奥深いですね~!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(206本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック