「パソコンが壊れた!」という経験はありますか?

実は、パソコンのデータ消失経験がある人にアンケートした結果、消失した原因の第一位は「パソコンの故障」なんです。

筆者もパソコン故障によってデータが消えてしまった経験があります。

といっても、つい先月の実体験なのですが、電源を入れても起動したりしなかったりを繰り返していたパソコン(win7)が、ついに起動しなくなったんです。

そこで、メーカーに相談してみると「おそらく電源の交換が必要ですね。修理はできると思いますがデータは保障できません。それでも良いですか?」とのこと。いやいや、よくないよ!と思っていてもパソコンからデータを取り出す術もなく、一縷の望みをかけて「はい・・・」と答えてパソコンを修理へ!

・・・二週間後。案の定、データがまるっと消えたパソコンが戻ってきました。

2000曲以上の音楽データ、ダウンロードした動画、思い出の写真、3年以上つけていた家計簿のデータ、数年分の年賀状データなどが綺麗になくなっていました。

バックアップを定期的にとっておけばよかったと嘆いても後の祭り。

筆者の場合、半年ほどバックアップをとっていなかったため、バックアップデータから復旧しても、かなりの数の音楽データと写真を消失しました。

このような、経験はしないに越したことはありません。そこで、おすすめのバックアップ方法とパソコンが壊れる前によく起こる症状を紹介します。

おすすめのバックアップ方法

ひと昔前はバックアップといえば面倒な作業だったのですが、今は自動的にクラウドにバックアップできるサービスがあります。

BIGLOBEあんしんバックアップ(容量無制限 AOSBOX)

バックアップしたい項目とバックアップ間隔さえ決めれば、あとは放っておくだけ。

しかも、容量無制限な上にクラウドに保存されるので、バックアップ先の容量を気にする必要がなく、いちいちバックアップ先のメディアを用意する必要もありません。とりあえずパソコンに入っているデータはごっそりバックアップしてしまえばOK(※)。

さらに、データごとに10世代前までのデータが残せるという特長があります。例えばExcelで間違って上書き保存したデータをそのままバックアップしてしまったとしても、それ以前にバックアップしていたデータから上書きする前の状態のファイルに戻す、ということもできるんです。

※システムファイルなどはバックアップできません。

パソコンが壊れる前によく起こる症状

・とにかく動作が遅い(起動やファイルの読み込みに時間がかかる)

起動するだけで何分も時間が要する、重くもないファイルを読み込むのに時間がかかる、といった場合はハードディスクに異常が起きている恐れがあります。


・パソコン本体から異常音(ガリガリなど)がする

異常音がする場合は、ハードディスクが物理的に壊れている恐れがあります。


・パソコンの電源が勝手に落ちる/勝手に再起動する

電源供給で異常が起きている恐れがあります。またウイルス感染についても、チェックしておくことをおすすめします。


・パソコンが異常に熱くなる

排熱がうまくできていないなどのトラブルが起きている恐れがあります。放っておくとCPUなどが高熱によって損傷する恐れがあります。


上記のひとつでも心当たりがあれば、すぐにバックアップをとって、メーカーやお店に相談しに行くことをおすすめします。

症状がでていない人はもちろん、作業が面倒くさいと感じている方でも、月に1回はバックアップをとっておいた方が何かあった時に後悔せずにすみますよ。

ピックアップ

すずき

1976年生まれ。東京の田舎ですくすく成長。小学校3年の夏、子供会の肝試しで、好きな子を置きざりにして逃げだした経験を持つ。 記事執筆、編集など色々とやってます。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック