マウスを自宅に忘れてしまっても、あきらめてパソコンを閉じる必要はありません。ここで紹介する方法を使えば、マウスがなくてもノートパソコンをスムーズに操作できるんです。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

タッチパッドのオン・オフを切り替える【ノートパソコンの場合】

ノートパソコンのタッチパッドを使えば、マウスが手元になくてもマウス操作を行うことができるのは、みなさんご存知のとおり。
でも、いざというときにマウスがなければ切り替えられない・・・と思う方もいるのでは。

タッチパッドのオン・オフを切り替える方法は、「FN」キーと「F9」キーを同時押しするだけ。

オンにすれば、マウスがなくてもパソコン単体で操作ができますし、オフにすれば腕などがタッチパッドに触れた際に誤操作する心配がありません。なお、機種により押すキーが異なる場合もあるので、この方法で切り替わらない場合は取扱説明書やメーカーのホームページを参照してください。

キーボードでマウス操作を行う【デスクトップパソコンの場合】

パソコンの設定を変更すれば、キーボードのテンキーでマウス操作を行えるようになります。すべての操作をキーボード単体で行えるようになるので、毎回マウスを持ち替える手間を省けて便利です。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

まずは、画面左下のスタートボタンをクリックして、「コントロールパネル」を選択。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

次に、「コンピュータの簡単操作」を選択します。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

「コンピュータの簡単操作センター」をクリック。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

「マウス キー機能を有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックすれば設定完了です。

いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法

あとは、キーボードのテンキーを押下するだけで、写真の矢印の方向にカーソルを移動可能。「/」キーを押すと左クリックができ、「-」キーを押すと右クリックの状態になります。適当な位置までカーソルを動かし、「5」キーを押して決定操作を行いましょう。

ショートカットもあります

「Altキー」+左の「Shiftキー」+「NumLock」キーを押すと、マウスキー機能を有効にするためのウインドウが表示されます。

テンキーで「はい」を選択し、Enterキーを押すと、タスクバーにマウスのアイコンが表示され、テンキーでマウスキーが操作できるようになります。マウスのアイコンに×が付いている場合は、「NumLock」キーを押してください。


マウスを自宅に忘れてしまったときや、急にマウスが不調になった際は、上記の方法を試してみてくださいね。

ピックアップ

佐伯尚子(さえきなおこ)

雑誌を中心に、編集・執筆を担当。スマホのこと、アプリのこと、グルメをはじめとする地域情報など、暮らしにまつわるあれこれを読者目線で発信している。趣味は映画鑑賞とカレーの食べ歩き。

記事(15本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック