料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

「ランチなう」と、つぶやいて料理の写真をTwitterにアップする人、飲み会のテーブルの写真をブログにアップする人。

今の世の中、料理の写真を撮る人で溢れている。
そういうボクも、料理の写真を撮ってブログにアップしてたりしてます・・・

でも、どうせ撮るなら上手に撮りたい
というわけで今回は「料理の写真を上手に撮るコツ」を紹介。
3つのコツを覚えるだけで、写真は大きく変わるのだ!

その1 全部を写さず、料理を大きく、視点は低く

料理の全体像を見せたい、という気持ちはわかるけれど、全体が入るように撮ると、少々間延びした写真になってしまう。

そこで、料理をおいしく見せるために思い切って料理に近寄って、おいしそうな部分を大きく写そう!

<Before>

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

これが料理全体を撮った写真。
料理の様子はわかるけど、あまりおいしそうじゃないよね?

<After>

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

そしてこちらが、料理に近寄った写真。
ね、おいしそうでしょ?

デジカメ、若しくは携帯電話やスマホに「接写(マクロ)モード」があれば使ってみよう。近くに寄ってもピントが合いやすいぞ。

さらに近づくだけでなく、低い視点で撮るのも料理をおいしく見せるためのポイント。

そして、タテフレームで撮ると、写真に奥行きが出て臨場感が増し、料理が一段とおいしく見えるのだ。

その2 フラッシュは使わず、明るいところで撮ろう

フラッシュを使うと、料理が平面的になってしまいあまりおいしそうに見えない。

それだけでなく、近くでパシャパシャと光らせていると、まわりのお客さんがイヤな思いをする場合もある。

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

なので、できるだけ明るい席に座り、自然光で撮影するようにしよう。

少し暗い室内で写真を撮る場合は、「高感度モード」を利用して撮影しよう。

その3 出てきたままが撮りどき、とは限らない!

置いておくと伸びてしまう麺類やアツアツのスープなどは、出てきたままの状態が撮りどき。
でも、すべての料理がそうとは限らない

たとえば、小籠包。

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

せいろに並んでいるのを撮るのもいいけれど、溢れる肉汁が見えたほうが、よりおいしそうに見える。

そんなときは、小籠包をレンゲの上にひとつ置き、お箸で割ってから撮る、なんていうのがオススメだ。

スマホの人は、こんな"奥の手"アプリもチェック!

どうしても上手に撮れないという人で、iPhoneを持っているなら「ごちカメ!」。
Androidのスマホなら「めしカメラ」なんていうアプリがオススメ。

撮った写真の色味を変えたり、湯気を付けたりして、料理を簡単においしく見せられるのだ。

忘れちゃいけないマナーの話

と、いろんなコツを紹介してきたけれど、撮ることに夢中になりすぎないようにしよう。

外食の際は、撮影禁止のお店があったり、撮影そのものを好ましく思っていないお店も中にはある。

写真を撮る前には、必ずお店の人に「料理の写真を撮ってもイイですか?」とひと声かけよう。

また、同席している人たちへの配慮も忘れないようにしよう。あなたが撮っている間、料理を食べないで待ってくれていることもあるのだから。

ピックアップ

ミニアンケート

この記事の評価をお聞かせください!

※ブラウザのバージョンによってはクリックできない場合があります。ご了承ください。

ご回答ありがとうございました。

この記事や、その他のご意見ご要望を
アンケートページでお聞かせください。

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(196本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事