皆さんは「クラウドサービス」ってご存知ですか?

「知ってる」「使ってる」という人もいれば、「知らない」「よく分からない」という人もいるでしょう。でも、そんな人も、実はクラウドサービスを使っているかもしれません。

たとえば、ウェブメール。HotmailやGmailといったものに代表される、ウェブサイトにログインしてメールを送受信できるサービスですが、これは代表的なクラウドサービスの一つなんです。

ではクラウドサービスとは、どういうモノを指すのか、改めて説明しましょう。

クラウドサービスってどんなもの?

クラウドサービスの「クラウド」とは、正確には「クラウド(雲:cloud)コンピューティング」のこと。

これまではパソコンでメールを使ったり、文章を作成したりするときは、あらかじめ必要なソフトをパソコンに保存(インストール)して使っていました。受信したメールデータや、作成した文章データも、パソコンのハードディスクに保存していましたよね?

クラウドコンピューティングでは、インターネットで繋がっている「別のコンピュータ(サーバーと呼びます)」に、これらの機能(ソフトやデータ保存)を持たせておいて、必要な時にパソコンからインターネット経由でその機能を使うことができます。

クラウドサービスって一体ナニ? どんなことができるの?

見方を変えると、サーバーがメール機能や、文章作成機能を提供しているように見えます。このように、クラウドコンピューティングを使って提供されるサービスを「クラウドサービス」と呼びます。
GmailやYahoo!メールのようなWEBメールサービスは、まさにこの仕組みでサービスを提供しているんですね。

どんなものが「クラウドサービス」なの?

クラウドサービスの代表例が、さきほど述べたGmailなどのウェブメールです。

もう少し具体的に説明すると、XPに標準搭載されていたOutlook Expressなどの、ソフトをインストールして使うメーラーは、インターネットを通じて自分のパソコンでメール送受信を行います。当然、送受信したメールは自分のパソコンのハードディスク中に貯まっていきます。

クラウドサービスって一体ナニ? どんなことができるの?

一方、ウェブメールはメールソフトの機能がネットワークの先にあるサーバー上にあり、送受信したメールもそこに貯まります。

クラウドサービスって一体ナニ? どんなことができるの?

したがって、インターネットに接続してウェブメールにアクセスができれば、会社のパソコンやスマホからでもメールの送受信ができるというわけです。

すでに身近になっている「クラウドサービス」

クラウドサービスには、メール以外にもいろいろなサービスがあります。「Dropbox」や「Evernote」はサーバー上にデータを保存できるクラウドサービスの代表格です。

Googleでいえば下記のようなクラウドサービスを展開しています。

・Gmail  →  メーラー機能
Google ドライブ  →  写真や動画などの保存、文書、ドキュメント作成など
・Googleカレンダー  →  スケジュール管理


クラウドサービスの利点は、自分だけでなく複数の人間でデータの共有・編集が可能なこと。また、自分のパソコンのハードディスク容量を気にする必要がないこともクラウドサービスの画期的な点です。

ワタシたちのネット生活を、様々なシーンで支えてくれているクラウドサービス。「知らぬ間に自分も使ってた!」と気付いた人も多いのではないでしょうか? 今後はどんなクラウドサービスが生まれていくのか、楽しみにしていましょう!

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック