現在、iPhoneを格安SIMで利用しているのですが、その前はSoftBankユーザーでした。

格安SIMへ乗り換える際には、SoftBankで持っていたおよそ9,000ポイントを使ってイヤホンを買い、すかさずオークションへ売って現金化したのですが、携帯料金で毎月コツコツたまるポイントって、なかなかバカにできませんよね。
しかも最近では、こんなところでも使えるの? と思えるほどその提携先も増えています。

そこで今回は、SoftBank、docomo、auの各3キャリア別に主なポイントの提携先を見てみたいと思います。もしかしたら、あなたのポイント、こんなところやあんなところで使えるかもしれませんよ!?

各キャリアごとのポイント

3大キャリアには、キャリアごとに独自のポイント制度があります。
以下に簡単にまとめてみました。

キャリア名 ポイント名 主なポイント利用先
SoftBank Tポイント ファミリーマート、Yahoo!ショッピング、吉野家、伊勢丹
docomo dポイント ローソン、無印良品ネットストア、ABC−MARTオンラインストア
au WALLET ポイント Wowma! for au

※旧ポイントプログラムを除く

それでは1キャリアずつ詳しく見ていきましょう。

SoftBank:「Tポイント」はファミマやガスト、そして伊勢丹とも提携

かつてはSoftBankポイントというSoftBank独自のポイントでしたが、2014年7月からSoftBankポイントは「Tポイント」としてたまるようになりました。

公式サイトによると今や日本の人口のおよそ二人に一人はT会員なんだそうです(2016年9月時点)。
ゆえに提携先も豊富。試しに、Tポイントの主な提携先をチラ見してみると、

  • ファミリーマート
  • スリーエフ
  • ガスト
  • 吉野家
  • 牛角
  • カメラのキタムラ
  • 伊勢丹
  • Yahoo!ショッピング

などなど、馴染みのお店がいっぱい!

SoftBankユーザーどころか、T会員の方は一度提携先を見直しておいたほうがいいのでは、というくらいにいろんなところで使えます。

ちなみに、SoftBankでは「長期継続特典」が2016年12月1日に開始されており、 条件を満たしていれば、ちゃっかりポイントを増やすことができるかもしれませんよ。

Tポイント 提携先(Tサイト)

docomo:ローソン、マクドナルド、そして無印良品!

続いてdocomoの「dポイント」です。
2015年12月1日、それまでの「ドコモポイント」の進化系として誕生したのがこの「dポイント」。ちなみに2015年度の資料によると会員数は5,800万人!

例によってdポイント対象店舗を確認してみると

  • ローソン
  • マクドナルド
  • 丸亀製麺
  • かっぱ寿司
  • 東急ハンズ
  • 無印良品ネットストア
  • ABC-MARTオンラインストア
  • JINSオンラインショップ
  • 洋服の青山

など、こちらもメジャーどころが揃っていますね。
個人的には、無印でポイント利用できるのはうらやましい!

dポイント対象店舗・サイト一覧|d POINT CLUB

au:プリペイドカードへチャージすれば一気に利用の幅が広がる!Amazonでも!

auの携帯電話を利用している方は、「WALLET ポイント」がたまります。
具体的にどんなところで利用できるかというと、

  • Wowma! for au
  • マツモトキヨシ現金ポイント への交換
  • スターバックス カード への交換

この他にも、 「auかんたん決済」が利用できるサービスでは、その利用額にWALLET ポイントを充当することができます。
その利用先としては、

  • hulu
  • TOHOシネマズ WEBサイト
  • Google Play
  • マツモトキヨシオンラインストア
  • BEAMS

などがあります。

先に紹介したTポイントやdポイントに比べると少し寂しい印象があったのですが、ご安心ください。

WALLET ポイントは、au WALLET プリペイドカードへチャージすることで、MasterCard加盟店やWebMoney加盟サイトで使うことができ、一気に利用の幅が広がるんです。MasterCard加盟店ということは、Amazonでだって利用できるんですよ!

トップページ|au WALLET ポイントプログラム

解約したらポイントはどうなる?

ちなみに、解約したらポイントはどうなるか? も気になりますよね。
特に最近は、格安SIMへの移行をするために現在のキャリアを解約する、という方も多くなってきていると思います。

結論としては、以下のように、それぞれ事前に手続きをしていれば継続して利用できます。

キャリア名 ポイント名 解約後にポイントを使えるか
SoftBank Tポイント 使える(Tカードとの連携が必要 ※1)
docomo dポイント 使える(継続利用手続きが必要 ※2)
au WALLET ポイント 使える(au WALLET プリペイドカードへチャージしておけば解約後でも利用可能 ※3)

※旧ポイントプログラムを除く
※1:法人契約の場合は、Yahoo! JAPAN IDの登録が必要
※2:各社SNSもしくはメールアドレスから継続手続きができる
※3:au携帯サービスを解約するとau WALLET プリペイドカードは使えなくなるのですか。

ということは、格安SIMへの乗り換えを検討されている方もこれで安心ですね。
せっかく貯めたポイントを無駄にしないためにも、SIM移行前に、所定の手続きが必要な方は忘れずに実施して、かしこくポイントを使いましょう!

ピックアップ

使えるネット百科

ネットやパソコンの「困った」を解決! 実用性と分かりやすさにこだわった、厳選情報をお届けします。

記事(1089本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事