iOS10になってから、iPhoneのホーム画面から「カレンダー」「コンパス」「マップ」といった標準アプリが削除できるようになった。ほかのアプリ同様、アイコンを長押しすると出てくる「×」をタップすれば削除できる。

でもコレ、本当に使わないアプリを消すぶんにはいいけれど、間違って消してしまった場合は、どうすればいいんだろう? というわけで、消してしまった標準アプリを再インストールする方法を紹介しよう。

消してしまった標準アプリはここから検索!

App Storeからダウンロードしたアプリは、App Storeアプリを開いて、下段右にあるメニュー[アップデート]をタップ。

そして、画面上に表示された[購入済み]をタップすると、過去に購入したアプリの一覧が表示されるので、ここから再インストールすればOK。

でも、標準アプリは表示されないので、ここで探すことはできない。ではどうすればいいのかというと、下段にあるメニュー[検索]をタップ。すると画面上に検索ウィンドウが表示されるので、そこにアプリ名を入力して検索すれば、ストア内から見つけられる。

ただし、類似アプリがたくさん表示されるので、探すのはけっこう大変。「探すのが面倒だなぁ」という人は、Appleアプリの一覧からダイレクトにダウンロードしよう。

アプリは戻ってもデータは戻らないので注意

削除した標準アプリを戻すことはできても、それに関連するデータは元に戻らないので、不用意に削除しないように注意しよう。

ちなみに「連絡先」アプリを削除しても、連絡先情報は「電話」アプリ内に残っているので、これについては安心だ。


関連記事

iPhoneの「コントロールセンター」でしか使えないお役立ち機能があるって知ってた?

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(238本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック