Apple Payが日本に対応

9月16日に発売された、iPhone 7と7 Plus。今回のiPhoneは、防塵・防水機能が新しく追加され、カメラもより高画質なものが搭載されました。しかし、いちばんのポイントは、アップル社の決済サービス「Apple Pay」が日本でも使えるようになったことでしょう。

Apple Payのサービスは、2014年からスタートしていましたが、日本では対応した読み取り機械が少なく、あまり使われていませんでした。しかし、新発売されたiPhone 7と7 Plusは、日本でよく使われているリーダーに対応しているため、注目を集めています。
具体的にいうと、コンビニやスーパーに置いてある、SuicaやiD、QUICPayの読み取り機でiPhone7と7 Plusが使えるようになったのです。

Apple Payを使えば何が便利なの?

Apple Payの利点は、クレジットカードやSuicaなど、対応しているカードをiPhoneに取り込むことができることです。一つだけでなく、複数使えます。つまり、SuicaやJCB、アメリカンエキスプレスカードの情報を1台のiPhoneに格納できるのです。データを取り込んでしまえば、電車に乗る際はSuica、デパートでの買いものはJCB、レストランではアメックスといった利用を1台のiPhoneで使い分けが可能。SuicaやiD、QUICPayといった物理的なリーダーにかざす決済はもちろん、アプリ内での課金も登録しているカードで利用できます(対応しているサービスであれば、クレジットカードの登録をしなくてOK)。

カードの登録方法はとても簡単です。利用したいカードをカメラで撮影すると、自動的にカードに印字された情報をスキャンして取り込みます。次にアクティベーションを行ないます。カードによって方法が微妙に違いますが、メール、電話、アプリケーションで確認をとります。これで、あなたが持っているカードは、すべてiPhoneに集約し利用することができるのです。

現在はまだ対応しているカードは多くありませんが、今後、コンビニや薬局のポイントカードや、レンタルビデオの会員カード、銀行のキャッシュカードなども対応すれば、何かと増えるカード類をコンパクトにまとめることができそうです。

紛失、盗難時にも安心

Apple Payの利点はまだあります。まず、もしiPhoneを紛失したり盗難被害にあっても、簡単にApple Payに登録したカードを無効にすること。クレジットカード類の利用停止は、発行会社にそれぞれ電話をして利用停止依頼をしなければなりませんが、Apple Payはクリックで全てのカードを止めることができます。

次の良い点はApple Payを使った場合、その売買情報が、アップル社も小売店にもいっさい記録しない点です。自分の売買履歴が記録され、企業のマーケティングデータに流用される事例は珍しくありません。しかし、Apple Payを利用すれば、自分の個人情報が第三者に使われることはないのです。

Apple Payはとても便利な機能です。しかし、まだまだ対応しているサービスは限られています。ただ、今後は対応するサービスも増えていくので、もしかしたら将来は「お財布やカード類は自宅において、iPhoneだけでお出かけ」する日がやってくるかもしれませんね。

関連記事

iPhone 7発売で見えてきた格安SIMの新潮流

ピックアップ

江原顕雄

PC、インターネットが得意ジャンルのフリーの編集・ライター。「ぁゃιぃわーるど」「下水道」で誕生して、「あめぞう」で乳児期を過ごし、「壺」で育ててもらいました。

記事(21本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事