新しいスマホやタブレットを購入したとき。友達や知人から「ちょっと見せて」「触ってみてもいい?」と聞かれて困ってしまった経験はありませんか。

あるいは友達のスマホを借りていて、不意に届いたメッセージに対し、こちらが悪い気持ちになってしまったことはないでしょうか。

別に見られて困るものはないけれど、プライベートな写真やSNS、メール、LINEも入っていて、なんというか少しソワソワしてしまいますよね。

そんなソワソワを解消できる機能として活用したいのが、Androidデバイスに搭載されているマルチユーザー機能です。

1台のデバイスを複数人で共有でき、ゲストにも気兼ねなく触ってもらえる。そんな便利な機能ですので、ぜひ試してみてください。

マルチユーザー機能とは

マルチユーザー機能は、Android 5.0 Lollipop以降にAndroidの標準機能として搭載されたもの。現在も一部の機種を除いた多くのAndroidデバイスで使用できます。

マルチユーザー機能を使うと、1台のデバイスに対して複数人のアカウントを紐付けし、必要に応じて切り替えられます。

1台のパソコンに複数人のアカウントを登録し、ログイン・ログアウトで切り替えて使用することをイメージすると、わかりやすいでしょうか。
対応機種であれば使い方は簡単。

まずは【設定】→【ユーザー】からユーザーを追加します。

ユーザー追加後の切り替えには、クイック設定機能の右上にある、人のアイコンをタップします。この画面で使用するユーザーを選べばOKです。

ユーザーを切り替えると、メールや連絡先はそのユーザーに紐付けられた情報しか表示されなくなります。アプリも同様で、そのユーザーがインストールしたもののみ、表示されます。

1台のスマートフォンを複数人で共有するケースは現実的ではない気もしますので、複数人のアカウントを登録するこの使い方は、どちらかといえばタブレット向きといえますね。

ひとつ注意点として、ストレージ容量の小さいデバイスにはあまり向きません。ただでさえ小さい容量を複数人で使うことになるので、それぞれが画像や音楽をデバイスに保存してしまうと、すぐにストレージが満杯になってしまいます。

活用方法はさまざま

マルチユーザー機能には、複数人のアカウントを登録するほかにも、ゲストモードと呼ばれる機能も用意されています。

これは名前のとおり、デバイスに個人を登録する必要まではない、不特定多数の"ゲスト"に操作してもらう際に活用できるモードです。

使い方はユーザーの切り替えと同じで、クイック設定パネルの右上にある人のアイコンをタップした後、ゲストを選ぶだけ。

ゲストモードで使用している間ももちろん、本来のユーザー(持ち主)のアカウントに紐付けられた情報はもちろん、そのアカウントでインストールしたアプリも起動できません。

下の写真は左が本来のユーザー、右がゲストモードのアプリ一覧です。ゲストモードではアプリの数が少ないことが確認できますね。

例えばカメラなどの標準機能を友達にも試させてあげる。こんなときに活用すれば、お互いにソワソワせずに、安心して使うことができますよ。

関連記事

Android6.0の新機能「Now on Tap」がすごい!もうブラウザを開いて検索することはない・・・!
スマホの写真を無制限に保存できる「Googleフォト」が超便利!
Googleに収集された情報をリセット!ウェブ履歴を削除する方法

ピックアップ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

記事(20本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事