Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!

今や「買えないものはない」と言っても過言ではないオンラインストア「Amazon」。
私も買い忘れなど、「Amazonで買えばいいか」と思うこともしばしば。

でもあるとき友人が「Amazonはイケアのものもあるから便利」と話しているのを聞いて「ん?」と思いました。
日本でも北欧家具が気軽に買えるおしゃれなお店イケアは、店舗数が多くないので、近所にない人にとってはそれは助かるだろうけど......イケアってAmazonに出店しているんだっけ??

調べてみると、確かにAmazonでイケアの商品が買えます。
でも、その購入ちょっと待って下さい!!

AmazonにIKEAの商品が売っている

試しにAmazonで「イケア(ikea)」と検索をしてみました。
すると、ザクザク商品が出てきます。

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!

主婦にはおなじみのジッパー付きプラスチック袋やキッズ用の食器セット、人気のキッチンワゴンなどなど。

「ベストセラー」と表示のあるジッパー付きプラスチック袋の商品ページも見てみましょう。

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!

商品名の下に「IKEA(イケア)」とあるし、これ、オフィシャル通販のように見えますよね......?

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!

でも、注目すべきはココ↓↓

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!

業者の名前は伏せますが「この商品は●●●が販売し、Amazon.comが発送します」とあります。つまり、販売、発送を行っているのはイケアではないのです。

ちなみにこの●●●にあたる販売者名はアクセスするたびに違うものが表示され、イケアの商品を扱う販売者は複数いるようでした。

でも「IKEA(イケア)」って書いてあるけど......

ではどうして商品名の下に「IKEA(イケア)」とあるの? これがオフィシャルっていうことではないの?

違うんです。といえば、これはブランド名。どの会社が「作った」商品かといえばイケアのものですから、製品の説明としてイケアと表示されるのです。

Amazonにおいて「ブランド名」と「販売者」は違うんです。ここが今回の問題のポイント!

IKEAに聞いてみた!

念のため、「本当にイケアが関わってないの?」ということを確認するため、イケアに電話取材してみました。

回答は「イケアではAmazonでの販売を行なっておりませんので、2017年4月にオープンしたイケアオンラインストアをご利用いただきたいと思います」とのこと。

「では、Amazonに出品されているイケアの商品はすべてイケアは関知していないものということでよろしいでしょうか」と聞いてみると「そういうことになります」との回答でした。

イケアユーザーは長らく、「オンラインストアがあればいいのに!!」と思っていましたが、4月にオープンしていたんですね。

イケア オンラインストはコチラから

それでもAmazonで購入したい場合は...。

でも、Amazonを使い慣れている人にとっては「やっぱりAmazonで買えるならそのほうが便利」と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも代行業者からの買物は、定価より価格が上がることがほとんど。また商品の品質についても保証はできません。
買物をするにはリスクが多いのです。

もちろん、それをわかった上で買物をすること自体は違法ではありませんが、事情を知らずに買ってしまうことは避けたいですよね。

他のブランドの買物でも注意!

今回はイケアの例ですが、無印良品、コストコなどの商品も同様に代行業者がAmazonで販売している例を散見しました。

深く考えずに買ってしまいそうになる、気軽なものもありますが、販売元についてもしっかりチェックしておきたいですね。

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(72本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック