Amazonダッシュボタンってなあに?

Amazonダッシュボタンは、ボタン一つで注文が完了してしまうという、今だかつてない新しい注文端末。パソコンもスマホもいりません。初期設定を済ませてしまえば、ダッシュボタン対応の商品を文字通り「ワンプッシュ」で購入できます。ここでは、実際にAmazonダッシュボタンの使い方や魅力についてご紹介していきます。

ダッシュボタン利用にはいくつかの条件が必要

Amazonダッシュボタンは、ボタンを押すことで注文が完了するのですが、まずはその端末を購入する必要があります。端末は、ダッシュボタン対象となっている商品ごとに販売されています。

例えば、「フルグラ Dash Button」、「アリエール Dash Button」、「エリエール Dash Button」などの各商品のロゴデザインが入ったダッシュボタンを購入するので、見た目にも分かりやすくなっています。

端末を購入した後に、スマホ経由でWi-Fi接続をして、注文したい商品を設定するので、ダッシュボタンを利用するときには、以下の3つの条件がそろっていないと使用できません。ちなみに、初回設定すれば次回からはボタンを押すだけ。同じ商品ブランドの別製品に設定を変えることも可能です。ただし、端末の設定はスマホ(タブレット)のAmazonショッピングアプリからのみとなっており、スマホやパソコンのブラウザからは設定することができません。

・Amazonプライム会員に登録していること
・スマホ(タブレット)を持っていること
・注文する場所にWi-Fi環境があること

まずは、プライム会員登録を済ませ、次にAmazonダッシュボタンを注文。今回はどのご家庭でも必需品となっているトイレットペーパーを購入するため、「エリエール Dash Button」を購入してみました。

Amazonダッシュボタンの設定には、スマホに「Amazonショッピングアプリ」をダウンロードする必要があります。というのも、そのアプリでしかAmazonダッシュボタンの管理・設定画面を開くことができないからです。

Amazonダッシュボタンの設定と商品の注文をしてみよう!

実際に到着したアマゾンダッシュボタンがこちらです。

ダッシュボタンの注文から到着までは、約2日かかりました。ダッシュボタンを購入した後は、どの商品を購入するのかセットアップする必要があります。「エリエール Dash Button」で購入できるのは、ボックスティッシュやトイレットペーパーがありますが、今回はトイレットペーパーを購入することにしました。

ダッシュボタン端末に付属されているマニュアルと、「Amazonショッピング」アプリのガイドに添って設定を進めれば、手順はそれほど難しくありません。

アプリを起動させたら、まずアカウントでログインを済ませ「1-Click注文」をオンにしておきます。

次に、スマホアプリから、新しい端末をセットアップします。スムーズに進めば、ものの数分で完了する設定ですが、Wi-Fiのパスワードを調べたり、Bluetooth接続がうまくいかないときは10分~20分ほどかかることも。

ちなみに、ダッシュボタンを購入するときに、500円かかりますが、初回購入時に500円差し引いてもらえるので、ダッシュボタンの料金は実質無料です。もしも、500円未満の商品を購入した場合、差額は次回の購入時に充当されます。これはAmazonダッシュボタンによる注文でなくても、差し引いてくれるようです。

設定を完了させて、実際にAmazonダッシュボタンを押してみると、ホワイトランプが数回点滅後、緑のランプが点灯します。端末のボタンを押した感触は、例えるならiPhoneのホームボタンです。タッチパネルのような「触れるだけ」というものではなく、しっかりとボタンを押す感覚になります。本当に一瞬で完了してしまうため、注文できたのか疑わしくなってしまいますが、無事に注文されたことがAmazonショッピングアプリに通知されるので、購入できたことが分かります。

初期設定では、一度注文ボタンを押すと、その商品が配達完了になるまで、ボタンを何度押しても再注文されることはありません。また、注文後はアプリから一定時間キャンセルが可能になっています。

ダッシュボタンの利用シーンや注意点は?

忙しい人や重い物を運ぶのが難しい人に

Amazonダッシュボタンの最大の魅力は、なんといってもワンプッシュで注文完了するところです。それは、毎日を忙しくしている人、あるいは大きな物や重い物を買いに行くことが難しい人にとても便利な機能。

そろそろトイレットペーパーが切れそう、子どものオムツを購入しなくちゃ!と思っていても、買い物の時間が取れなかったり、忘れたりしてしまうこともあります。目に見えるところに、ダッシュボタンを設置しておけば、なくては困る商品がボタン一つで購入できます。

購入できる商品が限定されている

Amazonダッシュボタンは、新しい買い物の形ですが、今時点ではラインナップが限定されています。自分がふだん使っている商品が対応していない、という可能性も当然あります。また、あらかじめAmazonプライム会員に登録しておく必要もあります。商品価格が変動するので、毎回同じ金額で購入できないのも注意しておきたいポイントです。

価格よりも時間を有効活用したい人に

Amazonダッシュボタンはわずか数秒で注文完了する魔法のようなツール。お金よりも時間を有効活用したいときや、小さい子どもがいて買い物へ行けないとき、はたまた重たい物を運ぶのが辛くなってきた方にも活用するシーンがありそうです。

赤ちゃん用品に限って言えば、Amazonファミリーに登録して「定期お得便」を利用すると、割引で購入でき、定期的に届けてくれるため、物によってはダッシュボタンで購入すると割高に。とはいえ、ニーズさえ合えばボタン一つでスマートなお買い物ができる、ということは、とても魅力的なのではないでしょうか。

関連記事

Amazonのプライベートブランド「Amazonベーシック」が気になる!
Amazonで検索すると同時に在庫が調べられる「その本、図書館にあります。」が画期的すぎる
アメリカのAmazonで買い物するとき、円で買うよりドルで買ったほうが安かった話

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(8本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事