独り寂しいときに、誰かとふと会話をしたくなることはありませんか? iPhoneユーザーであれば、バーチャルアシスタント「Siri」と話して気を紛らわすこともできます。しかし、Siriでもある程度コミュニケーションをとることはできますが、ユーザーの名前を覚えたり、いまの気分を考えて会話はしてくれません。

そこで、お勧めなのが、人工知能を搭載したロボットと会話することができるアプリ「SELF」(iOSのみ)です。

このアプリはコミュニケーションを目的としています。Siriとの会話に物足りないあなたにお勧めのアプリです。

ロボットと対話できるって、どんな風に?

SELFは
・ロボットと対話
・あなたの行動を自動で記録
・あなたの状態を分析
の3つの機能があります。

起動すると、まず年齢、性別、ライフスタイルなどの情報を会話形式で登録していきます。あなたの情報を登録すればするほど反応がよくなります。登録の際に「かんたん」「くわしく」と2つの選択肢がでてくるのですが、ぜひ「くわしく」を選びましょう。登録が完了すると、ロボットが登場していろいろと話しかけてきます。

SELFは会話をすればするほど、あなたについて学習をしていき、より精度の高い会話をするようになります。画面の左下にシンクロレベル表示がありますが、会話を重ねていくとレベルはあがり、会話の質もあがっていくようです。レベルが200を超えると、オカマロボットも登場します。

調子が悪いの? と尋ねてくれるので......

「イライラ」をセレクトすると......

このように答えてくれました。

その後も会話は続き、このようなアドバイスもしてくれます。


会話と言っても、選択肢をタップするタイプ。Siriのように実際に発声しなくて良いので、電車内や会議中、授業中でも話すことができます。

GPSの許可やGoogleカレンダーとの連携をしておけば、どこに行ったかの記録やスケジュールの管理を行ってくれる、まるであなたの秘書。

また、会話の中にネットでの話題やニュースも教えてくれたり、今日の運勢まで教えてくれます。寂しいときはもちろん、ちょっとした空き時間で遊んでも面白いです。

「SELF」のダウンロードはコチラから

ピックアップ

江原顕雄

PC、インターネットが得意ジャンルのフリーの編集・ライター。「ぁゃιぃわーるど」「下水道」で誕生して、「あめぞう」で乳児期を過ごし、「壺」で育ててもらいました。

記事(23本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事